【10時間限定無料】人を動かすには、まず自分が動かなければならない。

人を動かすことができない、、、
人を変えることができない、、、
ビジネスが伸び悩んでいる、、、

その本当の原因は、

行動力が足りないわけではなく、
知識が足りないわけでもなく、
やり方が悪いわけでもなく、、、

「影響力のエネルギー」が足りないから
かもしれません。

→ 「影響力のエネルギー」の詳細はこちら

表面的なテクニックや一過性の
ノウハウに頼るのではなく、

あなたの内なるエネルギーを高めて
圧倒的な「影響力」を身につけ、

「お金」「人間関係」「自己実現」
の好循環を生み出すための

“たったひとつの方法”を

完全無料で公開いたします。

この中国発祥の手法は、全世界で
一流の政治家や起業家をはじめ、
1000万人以上に大きな影響を与えました。

その結果、、、

この「影響力のエネルギー」を高める手法は、
イギリスの名門オックスフォード大学で

メカニズムの解明の研究が
進められているなど研究界でも
注目されるようになりました。

今回は、その最先端の科学的な手法を
完全無料でお届けするための
プログラムです。

→ 「影響力のエネルギー」の詳細はこちら

「影響力のエネルギー」を高めると、、、

1 圧倒的な存在感

2 相手を説得することなく、
  あなたの望む結果を手にすることができる

3 最大限のリーダーシップと実行力を
  手に入れることができる

といった大きな変化が訪れます。

多くの日本人はコツコツと努力を続け、
誠実に生きているのに、

その努力に見合った成果を受け取ることが
できていないように思えます。

けれど、、、

コツコツと努力できる人が
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「影響力のエネルギー」を取り入れたら、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
一気にブレークスルーできる!!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
のです。

がんばっているのに思うような
成果を得られていない人にこそ
知っていただきたい無料プログラムです。

→ 「影響力のエネルギー」の詳細はこちら

ソーシャル・キャピタルの時代へ

以前、このブログで
ソーシャル・キャピタルについて
自己学習も兼ねて紹介しました。

⇒ 「ソーシャル・キャピタル」を考える

概念としては
人の信頼・信用という、
人間関係の質をあらわす概念です。

友達の数、フォロワーやいいねの数
だけではない、質の良い人間関係を
心理的尺度で計測することで、

ソーシャル・キャピタルが高いほど
生活者の豊かさ、幸福感などに結び付く
…という研究結果が発表されています。

まあ、そうなんだろうなと、
納得感のある話ですよね

こういう新たな指標に着目した
新しいサービスが出てきそうですよね。

……。

…なんて話を1ヶ月前に書いたのですが
昨日の師匠のウェビナーで
こんなスライドが出てきて

おったまげ~(笑)

だった訳です。

ソーシャルメディアの巨匠である
師匠自ら新たなSNSを立ち上げ、

そこに、ソーシャル・キャピタルの概念を
取り入れた新たなプラットフォームを
作ってしまうという、壮大な計画が
御披露目されたわけです。

予言者と呼んでください(笑)

ビジネスというか、
インターネットの可能性について
お師匠さんの下で勉強している身ですが、

僕自身の展望も
あながち的外れではなさそう、と
再確認した次第です。

師匠の作ろうとしている
新しいサービス、SNSは
まさしく自分が望んでいた理想型。

実は私、R45というメディアを
作ろうとしています。

人生の中間地点に立つ世代を中心に
新しい自分の可能性を再発見し、
自らを輝かせたい人を応援するメディア。

それが、R45のコンセプトでして、
ソーシャル・アーティストを応援する
SMAPプロジェクトも、その一環ですし、

そう、一年半前に地元で開催した
「2回目の成人式」プロジェクトからも
大きな学びを得たわけです。

まさしくこの
ソーシャル・キャピタル型SNSは
そのベースとなる仕組みとして
申し分ないプラットフォームと感じました。

しかも師匠とコラボできるなら
それはまたとない嬉しいチャンス。

引き寄せ感、ハンパないです(笑)

何かが、静かに、
着々と進行していく感じがしてます。

順次、公式LINEでも
お伝えしていく予定なので、

お友達追加してくれると
嬉しいです。

友だち追加

ビットコイン山分け抽選、
見事にニアピン賞でハズした(笑)
山本♂△でした~!

「ソーシャル・キャピタル」を考える

山本♂△です。

久々にゆっくり過ごせる週末なので、自分自身の勉強、啓発も兼ねて

「ソーシャル・キャピタル」
ということについて、考えてみたいと思います。

詳しい解説はWikipedia先生
あたりにお任せしますが、

簡単に言えば、社会的な繋がり、共同体の絆、
みたいなことを通じて築かれる、

人としての「信用」という
お金に換えられない価値のことを指します。

次の図では、女性の研究者が
どのような共同体と社会的に繋がり、
社会進出を果たしていく可能性があるか?
どのようなソーシャル・キャピタルが得られるか?
を示しています。

 

あるいは起業や副業など、
自らビジネスを営む方であれば、
下図のような概念図も描けますね。

 

また、大学などの研究機関では、
ソーシャル・キャピタルの量と
人の健康度合との相関性なども
研究されているようです。

 

個人的には縦軸の向きを逆にした方が
分かりやすいのですが、、

要は地域におけるソーシャル・キャピタルが
リッチであればあるほど、

その人が感じている「健康感」も
高くなる傾向にあるようです。

 

ソーシャルメディアの時代、
と言われて久しい昨今ですが

友達・フォロワー・いいねの数(量)
だけではなくて、いかに濃い、親密な
質の良い人間関係を
築くことができるか?

ということが
生きる上での「豊かさ」に結び付いている…

ということは、誰しも多少なりとも
納得できるところではありますよね。

むしろ、個々がメディアとして
情報発信をしていくのが当たり前になっている
今だからこそ

ソーシャル・キャピタルを向上させていくことに
シフトした方が、幸せな生き方を選ぶことに
なるのではないか…。

そんな想いが致しますです。

 

ソーシャル・キャピタルは、
現状ではなかなか「見える化」できません。

RPGの経験値のように蓄積されて、
どこかでレベルアップするといった
単純なモデルでもありません。

何しろ社会との繋がりや絆というのは、
それこそ千差万別の多様性に溢れていて、
計量化できる「単位」が存在しない
質的要素だからです。

まあ、Facebookなどは
ユーザー同士のネットワーク関係を
ある程度測定する指標
(いいね!とか表示情報とかクリック数とか?)
をいくつか用意しているようで

気付くといつの間にかタイムラインには
いつも似た者同士の友達の投稿が並ぶような
仕組みを作っているようですが。。

それはあくまでも仮想の、
バーチャルな交流であって

ソーシャル・キャピタルの指標としては
まだまだ発展途上なのでしょうね。
(連絡がないのは元気な証拠、
なんて言われるくらいですから)

 

とはいえ、
ウェブとリアルは本来、一体のものですから

今後そういった
「ソーシャル・キャピタル」に目を付けた
新たなサービスなどが広まっていく余地は
大いにありそうです。