2ヶ月で約50倍に跳ねた仮想通貨の件

2ヶ月で約50倍に跳ねた仮想通貨をご存知ですか?
1000万円分を希望者に山分けしてくれるようです。

これは千載一遇、またとないチャンスです。

2ヶ月で約50倍に跳ねた
仮想通貨のことはご存知ですよね・・

その、
ノリに乗っている仮想通貨が、

ここだけの話ですが、
無料で手に入ってしまいます。

こういう話をすると
「何か裏があるに決まってる」と
思う人も中にはいらっしゃるでしょうから

こちらの意図するところを
完全に理解いただくことを期待して
じっくりお伝えしていきますので
安心してチェックしてください。

2ヶ月で約50倍に跳ねた仮想通貨が無料で手に入る理由

 

仮想通貨は怪しい?

そう思われている方は
もうほとんどいないのかもしれませんね。

これだけ話題にもなり、
仮想通貨決済を導入される
企業も増えてきました。

これからも増えていくことでしょう。

こうして、
仮想通貨に関する情報に
触れれば触れるほどに
警戒心は解かれていくものです。

あとは、
数多くある仮想通貨の中で
本物のコインをいかに見分けるか、、

本物かどうかを見分ける秘訣は、
常に本物に触れておくことですね。

2ヶ月で約50倍に跳ねた仮想通貨が無料で手に入る理由

寝て起きたらサイフの中身が1万円増えます。

寝て起きたらサイフの中身が1万円増えます。
家族1人につき1日1万円なので
4人家族なら24時間で4万円増えます。
なぜ??その理由はこちらからご確認ください。

寝て起きたらサイフの中身が増える理由。


 

今、借金がある。
お金が欲しい。
支払い、お金のことで頭がいっぱい。
もっと、もっとお金がほしい。

そんな願いを持っているあなたに朗報です。
もう、お金のことで悩むことは辞めませんか?

寝て起きる、サイフを見ると
1万円が増えている。

30日で30万円
60日で60万円
1年で365万円です。

家族4人なら
365×4=1460万円です。

しかもこれは最低の数字です。
1日、最低1万円ということです。

サイフが1万円でパンパンになる。
そんな夢を実現させます。

寝て起きたらサイフの中身が増える理由。

【5/31まで】北朝鮮だけが脅威ではない

北朝鮮のミサイル発射が過剰な程
伝えられる反面、殆ど報道されない
脅威があることをご存じですか?

答えは「中国」。
なーんだと思いましたか?

では、今にも掠め取られそうな尖閣諸島の
状況は、昨年に比べて多少なりとも改善
したのでしょうか?

否、状況は日々悪くなっているのです。

つい最近、中国海警のドローンが魚釣島
付近で領海侵犯し、空自機がスクランブル
(緊急発進)したと報じられました。

では、2016年度のスクランブル件数が
1168回となり、冷戦時の記録を上回ったこと、

その7割が中国機に対するものであった
ことはどれだけ知られているでしょうか?

我が国の周囲を取り囲んでいるのは、
北朝鮮を待たずしても中国、ロシア、そして
アメリカといった核武装国家群でした。

つまり、現在の緊迫した情勢は、
昨日今日で突如発生したものでは
ないのです。

日々高まっていく脅威を、無策にも
見過ごしてきたツケを払わなくては
いけない日はそう遠くないかもしれません。

但し、現実的な脅威を過小評価したり、
異常に大袈裟に煽り立てたりしている
報道は、

その大部分が表層しか見ていないか
表層すら正しく見ていないかの
どちらかです。

国際政治のプレイヤーである各国の
指導者は、リアリズムにもとづいて日々
熾烈な戦いを繰り広げているのです。

そして、その過酷な世界のリアリズムが、
「地政学」です。

「地政学」は人類の歴史を通じてほぼ
変わることがない「地理」を始めとした
自然環境を大前提として、

人智を超えた所与の条件が国際政治に
与える根本的な影響について研究する
ことから始まりました。

これを知ることで、他国の指導者が
選択する行動の背景が見えるように
なってきます。

但し、昨今相次いで出版されている
「地政学」関連本には、重要な視点が
欠落しているものも多いのが実情です。

そこで、今こそ戦後長きに渡って日本人に
禁じられていた地政学を、

数少ない本物の専門家に語っていただく
ことにしましょう。

知らなければ良かったと思う方もいる
であろう衝撃的な内容を含みますが、真実に
近づきたい方は一歩踏み出してみて下さい。

私達が真剣に考えなければならない、
近い将来のシナリオはそれ程多くないそうです。

地政学は決定論ではありません。しかし、
かなり先の未来への予測を見事に的中
させた地政学者もいます。

なぜそのような洞察が可能になるのか、
是非今すぐ確認してみて下さい。

⇒ 地政学についてもっと知りたい方はこちら

ビジネスモデルの3要素

山本♂△です。
こちら「情報時代の羅針盤」に関しては、R45メディアの一環として、
これまで後藤賢也くんの方で更新してもらっていましたが、

時々、プロデューサーとして山本も登場しますので、
今後お見知り置きを。

さて、冒頭の図は何だと思いますか?

これ、オリエンタルランドのビジネスモデル、企業ビジョンの概念図です。
オリエンタルランドと言えば、ディズニーリゾート(TDR)運営で有名ですね。

この図からもわかる通り、
ありとあらゆるビジネスモデルには欠かせない3つの要素があります。

聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、

「集客」「教育」「販売」

この3つです。

逆に、基本的にはこの3要素の組み合わせによって、
世の中のビジネスモデル(商売の「型」)は
成り立っているとも言えますね。

特に、インターネットビジネス、ネット起業を志す方が
とかく陥りがちなのが、「集客」「販売」に注力しすぎて、

「教育」のプロセス

が疎かになりがち、という課題があります。

新興市場というか、ブルーオーシャンな場合はそれでもいいのですが、
いつか市場には競合が生まれ、買い手も様々な情報を手に入れるわけなので、
絶え間なき叩き売り合戦、つまり価格競争の憂き目に遭ってしまうわけですね。

オリエンタルランドはどうでしょうか?

どうしてディズニーランドやディズニーシーのチケットやパスポートが
あれだけ高価な価格でも飛ぶように売れるのでしょうか?

そう、ディズニーという
圧倒的な「ブランド」を持っているからですね。

言ってみれば、様々なコンテンツ、マーケティング活動を通じ、
ブランディングという「教育」プロセスによって
相対的に自社の価値を高めることに成功しているわけです。

特に、少子高齢化と市場としての成熟化が進むわが国においては、
集客&販売だけでビジネスを成り立たせることは、
きわめて障壁が高いと言えるでしょう。

つまり、企業体力のある大手が取れる
マーケティング戦略なのです。

中小企業、あるいは個人事業主、起業家といった
小規模のスタートアップ段階においては、
集客ツールと販売サイトだけで稼げるハズがありません。

「誰でも稼げる」
などと嘯く商材が世の中には多いので、、

情報を見極めるリテラシーを磨くことが
何より必要になるということですね。

そして、自分のファンづくり、ブランドづくりに
どれだけ力を注げるか?が、

これからのビジネスを育てるカギになることは
間違いないでしょう。

本日もありがとうございました。

5月25日に1回目の当選者を発表します!

あと2日で申込み終了となります。

300万円のビットコイン山分け抽選会に
必ず参加してくださいね。

300万円のビットコイン山分け抽選会

 

「また、ビットコイン山分け抽選会のお知らせかよ」と
思われたあなたに質問です。

・どうせビットコインがもらえるわけがない。
・抽選会の後に強引にセールスされる。
・2日あるから、あとで申し込んでおこう。

もし、そう思われてるなら
今すぐに申し込みを済ませて
抽選会に参加するべきです。

当選番号は無料WEBセミナー中に
リアルタイムで発表することになります。

当選番号を決めるのは
専用のアプリで行っているため、
ズルなどできません。

それに抽選会の後に
強引な勧誘などしませんし、

たとえ、
ガツガツと強引に勧誘したとしても
あなたにもこちら側にも
何一つメリットなどありません。

お互いにとってもマイナスです、、

ご安心ください。

ただ、後悔しないようにだけお願いします。

タイミング的にも
これが最後となるでしょう。

300万円のビットコイン山分け抽選会

 

追伸

期日が24日までとなっているので
あと2日あると思って決断を
先延ばしすることはおすすめしません。

当選番号が当たるか
残念ながらハズレてしまうのかは、
この時点で勝負が決まっているのかもしれません。